上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月のお料理教室のメニューは

•鰯のあられ揚げ・鰯のすり身揚げ/梅じそかつおごはん
•山芋の落とし汁
•なすとかぼちゃの揚げ浸し
•ほうじ茶ゼリー

ABC-201102-1.jpg

メインのテーマは、鰯の手開き鰯は、身が柔らかいので、包丁を使わず、手でおろすのだそうです。なるほどね~確か、鯵は、包丁を使って3枚におろしたなぁ。

一人2尾の手開きにチャレンジです。

今回の手開き、自分で言うのもなんですが、私って案外器用かも~って思っちゃっただって、夫のは身が崩れてぐちゃぐちゃになったけれど、私のは、先生に褒められるくらい美しく出来たのよ~

。。。。ということで、前回の鯵を開いた時と同様に、私が開いた方を揚げものにして、夫が処理した方は身が崩れてもかまわないつみれにすることにしました

ABC201102-2.jpg

今回のメニューは、揚げ物が多かったので、和食と言ってもかなりカロリーが高そう。。。。いわし一匹分をあられ揚げだし、つみれもボリュームたっぷり。

今回は、夫も私も完食できませんでした

毎回書いてるかもしれないけど、このお教室も、本当に男性の生徒さんが増えました。「男性向け料理教室」って、流行りを通り越して、定番となったのかな。。。。
スポンサーサイト
今月のお料理教室のメニューは、この季節にピッタリ

「キノコのつぼ焼き風スープとロシア風ロールキャベツ」でした

ABC211101-1.jpg

デジカメを忘れちゃったので、携帯電話で撮りました。すご~い陰になっちゃってる。。。。 携帯のカメラ機能って、ほとんど使わないから、うまく撮れないよ~


で、お料理の方ですが。。。。スープは、たっぷりのキノコをバターで十分炒めてから、コンソメと牛乳を加えて、スープカップに入れて、上からパン生地でふたをします。そして、オーブンで焼くんです

本当は、スープの蒸気でパンがキノコの笠のように膨らむはずだったのに、パン生地に穴があいてしまっていたらしく、ぺしゃんこ。。。。ううう。。。

パンを崩して、スープの中に入れて食べま~す

ABC201101-2.jpg


スープが熱々でやけどしそうキノコ風味が十分に味わえるクリーミーなお味でした


そして、ロールキャベツ。実は作ったことなかったの。思ったよりも難しくなく出来るんですねおいしくて、大満足


ABC201101-3.jpg

具のお肉に、お米とパン粉を加えているので、ボリュームたっぷりです。私は、お肉だけよりもこっちがいいなぁ~。

夫も、「おいしい、おいしい」って、喜んでいたし、これならまた作ってもいいかも。でも、お肉がちょっと苦手な私としては、何かアレンジを加えたいなぁ。。。。。



今回のお料理教室では、私は隣のテーブルでレッスンを受けていた男の子に注目

かなり長く通っているのかしら、なかなか手際が良いのですよ。顔は、ふつ~なんだけど、話し方が何ともソフトでいい感じだわ~

私って、声や話し方が穏やかな人に弱い。。。かも。っていうか、どんなにかっこいい人でも、話し方に品がなかったり、怖かったりすると、もうダメダメですね。。。。

話し方。。。大切ですよね。




そういえばこの教室、ここで知り合ったカップルがそろそろゴールインらしいですいろんな出会い方がありますね。
今年最後のお料理教室。メニューは、「手打ちパスタと鯛のカルパッチョ・ジェノベーゼソース」


ABC201012-1.jpg


パスタは、デュラムセモリナ粉と強力粉を混ぜて作ります。デュラムセモリナ粉だけだと、固くてコネが難しいから、強力粉も混ぜるんだって

それでも、いつも作っているパンよりもかなり固くて、結構力がいる作業でありましたということで、夫、大活躍こういうときは、やはり男手があると助かるわ~。

オレキエッテという、耳たぶの形をしたパスタ。。。。確か、「ゴッドファーザーIII」で、ソフィア・コッポラとアンディ・ガルシアが、いちゃいちゃしながら作っていたと思うのよね~。。。。あれ、ニョッキだったかな?

ソースは、鴨肉と野菜のみじん切り・トマトソースを煮込んだラグ―私、鴨肉は苦手なんだけど、野菜の旨みがしっかりと味わえました。


ABC201012-2.jpg


肝心の手打ちパスタですが。。。。お教室で、何度が作っているけれど、私の個人的な意見では、なんだか、こしがありすぎて、固いのよね

手打ちパスタって、こんなものなのか、それとも、ゆで時間が足りないのか。。。。いつも今一つな気分です

もう一品は、鯛のカルパッチョ・ジェノベーゼソース。こちらはばっちり


ABC201212-3.jpg

ジェノベーゼソース、フードプロセッサーではなくて、包丁でたたいて作ったのですが、少ない量ならこのやり方の方が、無駄がなくてよいかも

鯛を薄く切るのが難しかったけれど、お家でやる時は、お刺身を買ってくれば、とっても簡単にできますね。このメニューは、我が家の食卓に登場しそうです

今回のレッスンでは、ビールのサービスがありました

おいしい入れ方は、半分くらいは、グラスを縦にして真上からドボドボ注いぎます。泡を作ってから、グラスを傾けて、静かに注いでいくだって!

こうすると、上に出来たきれいな泡が旨みを閉じ込めてくれるんだそうです

ABC201012-4.jpg 
 

久しぶりに飲んだビール、おいしかったな~
今月のお料理教室は、「あじのおさしみなめろう」でした

ABC201011-1.jpg

先月のサンマのかば焼きに引き続き、お魚の3枚おろしです。しかも、お刺身自分でお魚をさばいて、お刺身にするなんて、考えたこともなかったわ。

3枚おろしは、2回目ということもあり、なかなか手慣れてきましたよ。さすが理系であります

でも、サンマの方がやりやすかったかな~。半身にした後に、それぞれ皮をはいだのですが、これが結構大変実がボロボロになりそう。。。。

案の定、うちの夫のは、実が崩れていました予定では、きれいにできた半身をお刺身にして、崩れた方をなめろうに。。でしたが、私たちの場合は、私がおろした方をお刺身にして、夫のを「なめろう」にしました。

お刺身は、骨と尾頭を残しておいたので、大根で刺身のつまを作って、船盛りです。わ~い!初お刺身完成

ABC201011-2.jpg

そして、「なめろう」。。。実は私、食べるの初めて。。。かも?そもそも、私が育った北海道では、昔はというお魚自体あまり食べなかったような。。。。。

の身に、お味噌を混ぜて、葱・生姜とともに包丁で細かく叩いていきます。これを丸めて、火を通すとつみれになるそうです。

薬味とお味噌の味がしっかりついて、おいしかった

他に作ったものは、オーブンで焼くおしょうゆ風味の焼きおにぎりと、味噌田楽。お味噌に砂糖・みりん・お酒を混ぜて、材料の上に乗っけて焼くだけなので楽チン

ABC201011-3.jpg

今回も里芋がありました。。。

前回のレッスン(過去記事はこちら)で、原因不明のかゆみ+かぶれを経験したので、今回は、お教室にある使い捨てのゴム手袋を使わせていただきました。

その結果。。。里芋は大丈夫でしたが、手袋の内側にコートしてあるパウダーでかゆみが。。。そう、私、ゴム手袋のパウダーも駄目なのですよ。

実験の時もパウダーフリーだし。。。そして、アロエコーティングまでしてある、ちょっぴり高級なグローブを使っておりますの

私の体って、注文が多いのね。。。。
今月のお料理教室では、サンマのかば焼きを作りました~

ABC201010-1.jpg

私は、お魚はほとんど切り身しか使わないので(←ダメ主婦)、ほぼ初めての、手開きに挑戦です

そもそも、我が家って、サンマはほとんど食べないかも。。。。塩焼きもしないし、煮漬けもしない。。。切り身じゃないってとこで、ハードルが高いのよね~。あと、焼くときの匂いも、ちょっぴり苦手かも

でも、かば焼きって、男心をくすぐるのかしら。。。夫は、楽しみだったみたい。甘辛だれでしっかり味がついたサンマのかば焼き丼、大満足だったようです

ABC201010-03.jpg

私は、サイドディッシュとして作った、「里芋のそぼろ煮込み」がおいしかったなぁ~鶏そぼろと、里芋のまったり感が相性抜群

ABC201010-2.jpg


しかし、私ってもしかしたら、里芋アレルギーかしら。。。。里芋の皮むきで手が痒くなるっていうのはよくあると思いますが、食事をしていたら、急に腰のあたりがかゆくなりぼりぼり掻きむしっちゃった

で、お風呂に入る時に見てみたら、両腰骨のわき辺りが、ジンマシンのように赤くはれ上がっていましたひぇ~里芋好きなのに、食べられなくなっちゃうのかしら。。。。う~、たまたま体調が悪かったせいだと思いたい。。。

今回のレッスン、私が腰痛のため、夫、大奮闘でした。さぞやご飯がおいしかったことでしょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。