上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






こんにちはー。


マレーシア旅行記その⑨は、マレーシアで感動したの様子です。
やっと最後まできました。


マレーシア(コタキナバル)は、本当に美しい自然に満ち溢れた土地でした。

サンダカンのホテルから見えた夕日


20151101-3.jpg







ウミガメの聖地セリンガン島の


20151101-1.jpg




リバークルーズのボートの上からの眺めも


20151101-2.jpg

コタキナバルのホテルのプライベートビーチ


20151101-5.jpg




そして、に落ちる夕日


20151101-4.jpg





すべてが美しく、滞在中は感動の連続でした。
夫は猛烈カメラマンと化し、毎日何度もシャッターをきっていいたので
何百枚も写真があって整理が大変です。
デジカメでよかった~。


長い旅行記、お付き合いいただきましてありがとうございました。

先月は、お仕事で初めて金沢を訪れたので、
そのお話も近いうちにアップしたいと思います。








スポンサーサイト



おはようございますー。
マレーシア旅行記その⑧は、野生の王国
前回のウミガメ産卵観察ツアーに続くアウトドアイベントです。


朝、セリンガン島からサンダカンの町についていったんホテルに戻り、
10時過ぎにガイドさんにピックアップしてもらい、
「ビリ」という村に連れて行ってもらいました。
「キナバタガン川」でのリバークルーズです~♪


その村についたのは14時くらいだったのですが、
実際クルーズが始まるのは気温が下がった16時過ぎからなので
もうちょっと遅い時間に出発してもよかったのになぁ~。
夫はしきりにマレーシアで遭遇する「効率の悪さ」に憤慨しておりました。。。。



20151030-6.jpg




しかも、そろそろ出発という頃にサンダーストームに襲われて、
結局ボートに乗ったのは17時を大幅に過ぎておりました。。。。


でも、気持ちを切り替えて、動物さんとの遭遇に期待!
まず、出会ったのはお猿さん!



20151030-3.jpg


かなりたかーい木の上にいるので肉眼では姿がぼんやり見えるくらい。
でも、夫が撮った写真ではしっかり、カメラ目線なのね~。
夫よ、がんばったねー^^。


このほかにも違う種類のサルを見て、
ガイドさんが一生懸命探してくれたのはの群れ↓




20151030-2.jpg




「パオーン」という鳴き声とともに、
10数匹くらいが水浴びにやってきて、まさに野生の王国
感動しました~

を見られるのは3分の1くらいの確率だというので、
ここまで来た甲斐がありました!


ウミガメの産卵とこのリバークルーズで二人で8万円くらいのツアーは
安くはないけれど、その価値はあったかな?




コタキナバルのホテルでも動物との出会いがありました^^



20151030-4.jpg



↑シャングリラホテルの敷地内にあるオランウータン保護施設では
2匹のオランウータンと会いました~。
ほんの10数分のことでしたが、しぐさがお茶目で愛らしい♪


↓こんなに美しい鳥もいたよ!


20151030-5.jpg



鳴き声がとっても特徴的でした。
南アフリカ(?)が生息地と聞いたけれど。。。。
日本の動物園では見たことないよね。


20151030-1.jpg

↑おまけ(^^♪
リバークルーズに行く途中で休憩をとったカフェで見つけた「カメレオン」くん。
こちらもしっかりカメラ目線でした。














こんにちは(^^♪

マレーシア旅行記その⑦は、ウミガメ産卵です!
実は、これが今回の旅のメインイベントでした。
コタキナバルからわざわざ飛行機でサンダカンまで行ったのもそのため。


サンダカンの港から1時間余りの小さな島、
「セリンガン島」は、6月から10月くらいまでほぼ毎晩、
ウミガメ産卵のために上陸することで有名な島なんです。



20151025-3.jpg



↑セリンガン島へは、こんな小さな船(クルー・スタッフを入れて10人乗り)で行きました。

産卵を見るというのが目的なので、島での宿泊がMUSTのツアー。
島には、「クリスタルクエスト」という会社が運営するロッジがあるだけなので、
この会社または旅行会社を通して予約をしなければならず、
ロッジの定員があるので必然的に上陸人数が制限されるということになっています。

一応、エコツーリズムなので、ガイドさんや島のレンジャーの
指示にしたがって産卵を観察することになります。


何時に産卵を見られるかは、ウミガメさん次第なので、
夕食後ボヤーっと待つんです。
私たちが行った前日は真夜中過ぎが最初の産卵だったらしく、
夜更かしを覚悟していたのですが、
この日は、なんと8時過ぎに来てくれました!


20151025-4.jpg


↑これが初めて見るウミガメの卵!
産卵が終わりかけると、レンジャーさんが呼んでくれるの。



20151025-1.jpg

その後、大きさを測ったり、傷がないかチェックして、
前足(?)にマーキングをして、海へ帰ってもらうのです。
産卵後のお母さんは、すっかりお疲れのようでした(あたりまえ)。


あ、卵は、レンジャーさんが土の下に埋めて6週間後(?)に
生まれてくるのをまって、海に帰してあげます↓


20151025-2.jpg


↑子亀もすごくかわいぃ~。
でも、こんな風に波にもまれて、生き延びるのは何割なのかしら。


これで、一連のツアーが終わって、お部屋に戻ったとたん、
ものすごい嵐がやってきた!

ウミガメさんはこの嵐を察知して、早く上陸したのかな。
やっぱり、猛嵐の中じゃ産卵できないもんねー。
私たちは、早く見られてラッキー♪

そして次の朝、またもやラッキーなことに。。。。



20151025-5.jpg



ビーチをお散歩していたら、産卵が終わったばかりのウミガメさんに遭遇したのです!
前日は暗くて、人もいっぱいいてよく見えなかったけれど、
この日は、生ウミガメが見放題でした(*^_^*)

ビーチをよく見てみると↓


20151025-6.jpg


海から砂浜に続く、タイヤの跡のような道筋はすべて、
ウミガメさんの上陸のあかしだったのだわ!

嵐がおさまってから陸に上がってきたのかしらね~。


1時間の船旅とか、かなりワイルドなロッジでの宿泊とか、
インドア派のわたしにはチャレンジングなツアーだったけれど、
ここじゃなきゃできない貴重な体験ができたわー。

(この後夫には、泊りがけのワイルドな旅はこれで最後にしてくださいとお願いしました。。。)












おはようございます!
今日も良いお天気、きもちいぃ~^^


マレーシア―コタキナバル旅行記その⑥は、シャングリラホテルの続きです♪
旅の記録もあとちょっと、がんばらなくっちゃー。



こちらのホテルは、目の前に広がるプライベートビーチが本当にきれい~。
開放感のあるロビーから
ロビー→プール→ビーチへとつながる景色も素敵です。



20151013-5.jpg




そして、ビーチにはウェディングチャペルもありました!


20151013-6.jpg




こんなところで結婚式を挙げたら、本当に映画みたいだわ~。
そうそう、お部屋からビーチを眺めていたら、
ウェディングピクチャーの撮影をしているカップルがいたわ。
花婿さんが白馬に乗ってるの^^



このホテルは、ランドリーサービスも気が利いててね、
30着まで、朝10時までに出すと夕方4時には戻ってくるんです。





20151012.jpg




バスケットに入って、薄紙にくるまれて戻ってきました~。
私のユニクロリネンシャツも、パジャマも
きちんとたたまれておりました^^



旅行中って、なんだかんだで汚れものが増えるから、
こういうサービスは助かりますよねー。
確か、お値段は3000円くらいだったと思います。





朝ごはんは、プレミアウィング専用の「オーシャノ」で!


20151012-2.jpg




インドアも選べたけれど、
私たちは2日とも、プールとビーチを臨むテラス席で頂きました。
びっくりするほどの素晴らしいお味ではありませんが、
美しいビーチを眺めながらの朝食は、
ついついたくさん食べすぎちゃったかしら^^;




。。。という贅沢な2泊3日を過ごした私たち、
帰国便は、3日目の夜中の飛行機ということで、
レイトチェックアウトで、時間を持て余すのも嫌なので、
半額くらいのお値段のガーデンウィングのお部屋を
チェックイン時にお願いしておきました。


20151013-4.jpg



↑最初にオーシャンウィングを見てしまったので、
ランク落ちの感が否めませんが、
それなりに居心地の良いお部屋でありました。


何より、
16時くらいにチェックアウトして時間を持て余す
ということがなく
9時過ぎまでお部屋でゆっくりできたのが良かったです♪




このホテル、オーシャンウィングガーデンウィングでは、
スタッフの質も含めて、わかりやすく格差をつけております。



トリップアドバイザーなどでは、
ガーデンウィングのオーシャンビューで十分という口コミもありましたが、
やっぱりオーシャンウィングは、お値段を出すだけの価値がるかな~
というのが個人的な感想です。










マレーシア―コタキナバル旅行記その⑤は、コタキナバルのホテル♪
シャングリラホテル ラサリアリゾートです☆
しかも、お部屋はオーシャンウィングのプレミアルーム~
贅沢しちゃった^^;



20151013-1.jpg




最上階からの(といっても5階ですが。。。)の眺めは抜群よ!
(そしてお値段もよかったわ。。。税・サービス料を入れると一泊56000円かなー)
(でもシティホテルならウン十万のお部屋もありますもんね)



お部屋は90平米と聞いていたけれどそんな広さは感じなかったかも?




20151013-3.jpg



アメニティは、ロクシタン、
写真にはないけれど、ネスプレッソ(みたいなもの)があって、
珈琲カートリッジは一日6個、
ウェルカムフルーツも、翌日追加されてました^^


そして、このお部屋の売りは、バルコニーのプライベートバス


20151013-2.jpg



目前はビーチだから、外から見える心配はありません。
バスタブの隣は、ディベッド。
変わりゆく空とビーチを眺めながらゆったりしてました~。




ルームサービスで頼んだマルゲリータはいま一つでした^^;
そうなの、お食事のほうは、このクラスのホテルで、お値段の割には。。。。。
だったのですよー。
そして、やっぱりアルコールはお高いです





まだもうちょっと書きたいことがあるけれど、
長くなってしまいそうなので、
続きは別記事にしまーす。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。