上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日高野山へ行ったときに(過去記事はこちら)、自宅用にお香を買ってきました

scent1.jpg

旅行パンフレットでチェックしていた「高野山大師堂」(HPへ)というお店です。何でも、高野山で唯一製造直売しているお香の老舗だそうですよ

私のお目当ては、こちらのお経が浮き出るというお香。。。

scent2.jpg

白い灰に経文が現れるのですよ以前、知り合いの方に教えていただいてからずっと興味を持っていたの。
 

scrnt4.jpg


お香の専門店らしく、線香もたくさん取り扱っていました。私が選んだのは、「蓮華」というお香白檀・丁子・かっこう・桂皮などを調合した香りです。白檀だけのものよりも好きでした。

こちらのお線香は、仏壇に添えてもよいものですが、お部屋のインセンスとして使っても気にならないくらい香りがよいのです

そして、専門店だからかしら。。。安いのです「蓮華」も、たくさん入って一箱630円しかも、1本の持続時間が長いのです!30分くらい持ちますよ

それから、ちょっと変わったもので、「塗香(ずこう)」というのを買ってきました。上の写真のカップに入ったものです。

こちらは、粉末のお香で、直接手などに塗って使うもの。高野山の寺院でも、お参りの前にお清めをするために入り口に置いてありました。

東洋的ではありますが、なんとなく、サンタマリア・ノヴッェラのポプリにも通じる、教会っぽい匂いです。。。

我が家も玄関に置いて、家に上がる前に手に付けるようにしています。

お店で扱っている商品のほとんどが、ネットでも買えるので、なくなったらリピートするつもり

ホームページは: www.koyasan.co.jp/daisido/

スポンサーサイト
初の宿坊体験。今回私たちが泊まったのは、宿坊一乗院」さんです

ichijyoin-3.jpg

高野山に数ある宿坊の中でも、最も多く、雑誌などのメディアに登場する宿坊ではないかしら。。。

だってこちらは、インターネット予約ができるんです大部分の宿坊は、直接電話したり旅行会社を通さなくては予約できませんが、こちらなら、ネットで空き室チェックから予約やキャンセルまでできるのですよ~

さらに、こちらはトイレ付のお部屋も数多くあるし、お部屋でインターネットもできるんです~。 私たちが泊ったのは、改造済みのトイレつきのお部屋です。

ichijyoin9.jpg


伝統的な宿坊とはいえないかもしれませんが、私たちのような初心者にはぴったりでありました

3時過ぎにチェックインして、荷物を解き、宿坊内を散策していたら、一天にわかにかき曇り、ザーッと雨が降ってきましたかなり激しい雨です。外にいなくて良かった~。

ichijyoin-1.jpg

宿坊内はかなり広くて、お庭の池には鯉がたくさんいました。

こちらは、宿坊内に飾られていた恵比寿様(?)の銅像。あまりにも楽しそうなので、思わず写真を撮っちゃった

ichijyoin-2.jpg

お風呂に入ったあとは、楽しみにしていた精進料理

ichijyoin-5.jpg


ichijyoin4.jpg

肉も魚も卵も使わないお料理ですが、品数が豊富で、味付けもすばらしく大満足~

ichijyoin-6.jpg

かなりお腹がいっぱいになりました。

ichijyoin7.jpg

高野山といえば、胡麻豆腐が有名ですよねこちらの宿坊では、有名な濱田屋さんのものを供してくれます。胡麻豆腐が苦手といっていた夫も、これには舌鼓お土産にも買っていました。

お食事が終わってお布団を用意していただいたら、もう眠くなっちゃった早起きして運動したからかなぁ~。。。「なんば」で全力疾走しちゃったし。

8時前に寝て、翌朝5時30分までぐっすり寝てしまいました。。。ははは

朝のお勤めに参加させていただいたあとは。朝ごはん

ichijyoin8.jpg

こちらもおいしかった~

宿を後にする前に、「阿字観」という瞑想法を体験させていただきました。阿字観とは、「阿」という字を見つめながら、心を無にして自分と宇宙を一体化させるというもの。。。。

でも、初心者には難しいということで、その入門編とも言える「阿息観」というものを教えていただきました。

ichijyoin10.jpg

小一時間ほどの体験でしたが、頭がすっきりした感じ~。でも、足がしびれました。。。。 

家でも一人で練習できるといいのだけれど。。。。。

今回の高野山旅行、波乱もありましたが、奥の院にお参りして、おいしい精進料理をいただいて、瞑想体験までできて、とっても良い体験ができました

なんとなく、自分が少し良い人になったような気がします(気のせい。。。?)また来たいなぁ~
やっと高野山に到着~まず、荷物を宿坊に預けて、早速、奥の院にお参りに行きました

Okunoin-1.jpg


うまく説明できないけれど、奥の院ってすごいです入口にあたる一の橋を渡ったとたん、空気が違う!って感じがしました。

okunoin-3.jpg


広大な敷地の中には、織田信長、武田信玄、石田三成などそうそうたる名勇武勇のお墓が立ち並んでいます。2Kmにわたる杉木立の参道を通って、弘法大使の眠る奥の院御廟へ向かいます。。。

2kmって結構あるけれど、お墓探しをしているうちにわりとすぐに着いちゃった。

御廟橋を渡った先は、弘法大使様の世界なので、写真を撮ることはできません。。。

高野山と言えば、真言宗の総本山。よく考えてなかったけれど、実は我が家は真言宗なのですよ。キチンとお参りしてきましたよ

この夏は、お墓参りも行ったし、高野山でお参りしたりと、柄にもなく善行続き。。。さぞかし、ご先祖様もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。ふふふ

翌日は、金剛峯寺へ。。。

kongobuji-1.jpg


写真は撮れませんでしたが、襖絵がとても美しかったです~金剛峰寺って広いんですね。日本で一番広いという石庭も拝見しました。

拝観料にはお茶券がついていて、広間のようなところで、お茶を頂くことができて、うれし~ お寺巡りも結構疲れますものね。。。

kongobuji-2.jpg

そのあとは、壇上伽藍を見学です。木立の木々の葉が少し赤くなりかけています。 紅葉のころに訪れるときれいなんでしょうねぇ~

garan-1.jpg

根本大塔をバックに立つ、高野山のマスコット、こうや君。まるではめ込み画像のようで、ちょっと笑っちゃう。。。

garan-2.jpg

その後訪れた、霊宝館ではさまざまな仏像が見られて楽しかったなぁ~。仏像人気の理由もわかるような気がするわ~。
 
そうそう、胎内仏というものがあるって知ってました?仏像さんの中に、小さな仏像が入っているんですってどうしてそんなものを作ったのでしょうねぇ~。

美術院の真面目そうな職員さんが、胎内仏を見つけて興奮している姿を想像したら、とっても楽しくなりました

余談ですが、下の写真、奥の院の入り口付近にあった自動販売機なのですが、不思議ではないですか

Okunoin-2.jpg 

そうそう、高野山って観光客を集めるために、努力しているなぁっていうのがここかしこに出ていましたよ。

何百年も前に建てられたお寺などでもバリアフリーを目指しているみたいで、車いすがしっかり完備されていたし、公衆トイレも街の中にたくさんありました。

私は、外でトイレを使うのが嫌だったりするのですが、お寺のトイレも清潔で、気分良しでした

古いものを保存しつつ、新しいおもてなしの心も育てている。。。。高野山って、いけてる
先週末、高野山に行ってきました~

koyasan2.jpg


なぜ高野山か。。。。?私は、信心深い方ではないのですよ。でも、知り合いの方から、高野山の宿坊で食べた精進料理がとてもおいしかったと聞き、行って(食べて?)みたくなっちゃった。

夫に伝えると、二つ返事でOKだって~。これで、むらさき家の夏休みは高野山に決定

うちの夫は、旅行計画を立てるのが大好きなので、行き先を投げると、綿密な計画を立ててくれるので、お任せ~

しかし、しかし、大波乱が待ち受けていたのです。。。

行きの新幹線が、前を走っていた「こだま」の車両故障のため、京都でストップ。。運転見合わせになってしまいました。

橋本から展望列車「天空」(http://www.nankaikoya.jp/tenku/feature/index.html)に乗って、高野山へ行くためには、「なんば」で9時24分の南海電鉄急行に乗らなければならないのです~

新大阪で地下鉄乗り換えだから、あと一駅なのにぃ~。

15分くらい待っても何のアナウンスもない(ひどいじゃないの、JR)ので、しびれをきらして在来線に乗り換え。新快速に乗れば、何とか間に合うかしら~。

でも、いくら夫が関西出身といっても、東京で暮らしている期間の方がもう長くなっているし、土地勘のない二人は乗り換えホームを探してウロウロ。。。

結局、ホームに入ってきた特急に飛び乗って大阪へ。。。

そして、大阪で、地下鉄御堂筋線への乗り換えも、ウロウロ・キョロキョロ

やっとこ「なんば」へ着いて、南海電鉄の駅までダッシュ荷物を抱えて、全力疾走です~。

。。。。でも、南海の駅は遠かった。。。2分遅れくらいで、電車はすでに過ぎ去っておりました。。

これから高野山へ行かれる方は、「なんば」での南海電鉄への乗り換えには余裕を持っておくとよいと思いますよ~。

しょうがないので、特急「こうや」に乗って行くことになりました。。。

Koyasan1.jpg

天空」には乗れなかったけれど、特急でも窓の外の景色は楽しめたし、あんなにハラハラ・ドキドキしたのは久しぶりだったので、これも良い思い出になるわ~。

エキサイティングな旅の始まりでありました。。。。

写真は、高野警察署です。なんだか、かわいくないですか~

koyasan3.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。