上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところあと一日

我が家の大掃除も終わったし、明日、伊勢丹に注文しておいたおせち料理を取りに行ったら、気持ちはすっかり、お正月モード

。。。。私は、まだ自分でおせち料理を作ったことがありません

お料理本も色々出ているし、簡単に作る方法もありますよね~。手作りがおいしいというのも分かっているのですが。。。。おせち料理は、まだまだハードルが高いです。。。。


ところで、新年を迎えるにあたって、お部屋の中もお正月モードにしなくっちゃ~ということで、クリスマスリースを手直しして、お正月飾りを作ってみました

arrange-2011.jpg 

もともとのリースから、松ぼっくりやくるみ、いかにもクリスマスのリボンは、はずしてしまいましたが、赤い実と薔薇のプリザーブドのみとっておきました。

リースの空きの部分に小さなグラスを置いてオアシスを入れて、そこに、菊・千両・もち花などを適当にさし、扇子の形のピックと、水引を飾ってみましたよ

なんとなく、お正月っぽいかなぁ~。ふふふ

ついでに、折り紙で鶴を折って、頂き物の来年の干支のガラスのウサギさんと、亀のマスコットも飾っちゃった!

arrange-2011-2.jpg

クリスマスリース再利用のお正月飾り。。。結構満足です。
スポンサーサイト
ず~っと昔に買った、NHKのテキスト「自然派志向のパン作り。。趣味悠々2003年」

かなりおいしそうなパンが並んでおりますが、どれも結構手間がかかりそうな感じだから、買ってから、一度もその本を見て作ったことはなかったの。

でも、今回は、一念発起して蜂蜜入りのライ麦パンに挑戦
 
yabai1.jpg


このパン、なかなか大変です~。だって、まず、小麦粉・水・イーストをこねたもの(発酵生地)とライ麦粉と水をこねたものを冷蔵庫で一晩発酵させるんです。


そして、2日目にそれらの生地と、そのほかの材料(強力粉・イースト・水・バターなど。。)を混ぜてこねるという、2日がかりの作業です。

さらに、テキスト通りに作ると、生地全体の量が、1kgにもなるので、こねるだけでも大変

そして、欲張ってカレンズといちじくをかなり贅沢な量を入れてしまったので、均一に混ぜるのに一苦労しました

でも、そのかいがありました~外側がカリカリ内側がふわふわの本格的なパンが焼き上がりました!
 
yabai2.jpg 


こんなパンは。チーズとハムと一緒に食べたいなぁと思って、自宅近くの本格ドイツハムの店「バッケン ウンド ヴラーテン(過去記事はこちら)」で、夫にケーゼを買ってきてもらいました~

yabai3.jpg 

スイスのエメンタールチーズとピクルスと一緒に食べたら、気分はドイツじゃ~

yabai4.jpg

あぁ~、おいしかったわぁ~

外パリ・中フワは家庭では無理だと思っていたけれど、手間暇をかけると出来るものなのね。。。。

でも、こんなに時間がかかるんなら、次作るのはいつになることやら。。。。。
今年最後のお料理教室。メニューは、「手打ちパスタと鯛のカルパッチョ・ジェノベーゼソース」


ABC201012-1.jpg


パスタは、デュラムセモリナ粉と強力粉を混ぜて作ります。デュラムセモリナ粉だけだと、固くてコネが難しいから、強力粉も混ぜるんだって

それでも、いつも作っているパンよりもかなり固くて、結構力がいる作業でありましたということで、夫、大活躍こういうときは、やはり男手があると助かるわ~。

オレキエッテという、耳たぶの形をしたパスタ。。。。確か、「ゴッドファーザーIII」で、ソフィア・コッポラとアンディ・ガルシアが、いちゃいちゃしながら作っていたと思うのよね~。。。。あれ、ニョッキだったかな?

ソースは、鴨肉と野菜のみじん切り・トマトソースを煮込んだラグ―私、鴨肉は苦手なんだけど、野菜の旨みがしっかりと味わえました。


ABC201012-2.jpg


肝心の手打ちパスタですが。。。。お教室で、何度が作っているけれど、私の個人的な意見では、なんだか、こしがありすぎて、固いのよね

手打ちパスタって、こんなものなのか、それとも、ゆで時間が足りないのか。。。。いつも今一つな気分です

もう一品は、鯛のカルパッチョ・ジェノベーゼソース。こちらはばっちり


ABC201212-3.jpg

ジェノベーゼソース、フードプロセッサーではなくて、包丁でたたいて作ったのですが、少ない量ならこのやり方の方が、無駄がなくてよいかも

鯛を薄く切るのが難しかったけれど、お家でやる時は、お刺身を買ってくれば、とっても簡単にできますね。このメニューは、我が家の食卓に登場しそうです

今回のレッスンでは、ビールのサービスがありました

おいしい入れ方は、半分くらいは、グラスを縦にして真上からドボドボ注いぎます。泡を作ってから、グラスを傾けて、静かに注いでいくだって!

こうすると、上に出来たきれいな泡が旨みを閉じ込めてくれるんだそうです

ABC201012-4.jpg 
 

久しぶりに飲んだビール、おいしかったな~
昨日のクリスマス、皆様はいかがお過ごしでしたか?

我が家は、朝早くから、コストコへ買出し~久しぶりだったから、思いのほかたくさん買い物をしてしまい、合計金額にびっくり

そして、帰ってきて昼ごはんを食べてから、クリスマスディナーの準備です。毎年恒例の、ローストターキーディナー


Xmas-2010-2.jpg


今年は、小さいターキー(baby turkey)が、手に入ったので、よかった~

レシピは、アメリカで購入した「williams sonoma」のCook Bookを参考にしました。

Chuck Williams' Thanksgiving & Christmas (Williams-Sonoma Kitchen Library)Chuck Williams' Thanksgiving & Christmas (Williams-Sonoma Kitchen Library)
(1993/09)
Chuck Williams

商品詳細を見る


ローズマリー・マスタード風味のバターで味付けしたもの

Xmas-2010-3.jpg

ほかのメニューは、洋ナシとブルーチーズ・ピーカンナッツのサラダナシの甘酸っぱさと、ブルーチーズの癖のある味がぴったりです~。おいしいよ~

Xmas-2010-5.jpg

ターキーの付け合せは、インカの目覚め・たまねぎのグリルとゆでたインゲン豆。

Xmas-2010-1.jpg

写真には写ってないですが、ローストしたパプリカとりんごとレーズンの煮込みも一緒に食べました

アメリカでは、ターキーはクランベリーソースと食べるのが一般的ですが、日本だと、クランベリーはフレッシュもフローズンも手に入りにくいですよね。。。。

りんごとレーズンの煮込み、今回はじめて作りましたが、ターキーとぴったりでしたパプリカをローストしたときのスモーキーな感じと、隠し味のミントが利いています。

先日焼いておいたパンも用意しましたが、ポテトがおいしくてパクパク食べちゃったので、パンまで手が回りませんでした。。。

そして、デザートは、一年間冷凍庫で寝かせてあった、イギリス風のクリスマスのフルーツケーキ(過去記事はこちら

Xmas-2010-4.jpg 

泡立てた生クリームと、フレッシュベリーを添えて食べました~飲み物は、もちろん、マリアージュ・フレールの「ノエル・ブラン」。

あぁ~、大満足~

残ったターキーは、サラダやサンドイッチにして食べようっと!
今日は、クリスマスイブですね

金曜日だし、楽しい予定がある方が多いのでしょうか。。。我が家は、特に予定なし、食事もふつ~です

それに、一昨日から胃が痛くて、まともなものが食べれません。。。さえないなぁ~。

なんだかさみしいので、先日、日比谷のペニンシュラホテルにパンを買いに行ったときに撮った、クリスマスツリーの写真を載せちゃいます。

peminsula-tree.jpg

余りきれいに撮れていないけれど、ゴールドとホワイトでまとめてあって、シックで上品な感じでした

そして、パテシェの方が作っていたお菓子の家。。。

peninsula-cookie.jpg

おいしそ~かわい~こんなの貰ったら、嬉しいでしょうねぇ~

そして下の写真は、我が家のマンションのロビーに飾ってあるツリー

tree-2010-1.jpg

あまり気にしてなかったけれど、なかなか可愛いではないですか。。。。

tree-2010-2.jpg

皆さんが、楽しい夜を過ごせますように。。。。。

さぁ、私は、フィギュアスケートでも見ながら、明日のディナーの準備をしましょうか。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。