上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオでもクリスマスソングが 流れる季節になってきましたね~341お店のディスプレーも赤・緑・ゴールドのクリスマスカラーがあふれて、否が応でも気持ちが盛り上がっちゃうわ~344

そろそろ我が家でもクリスマスの準備をしなくちゃっということで、この前の3連休に、恒例のクリスマスに食べるフルーツケーキを作りました。

ちょっと早いんじゃな~い?って思われるかもしれませんが、このイギリス式のフルーツケーキは、事前に仕込んでおいたフルーツを混ぜて焼いて、ブランデーを塗って、1か月以上熟成させてから食べるんです。

見かけは素朴だけど、お金も時間も手間もたっぷりかかっています。。。。

クリスマスケーキ 

今年のケーキは、おととし作ったフルーツチャッツネを使いました。チャッツネは、リンゴとバナナとフルーツの砂糖漬けをバターと砂糖で煮込んで、ブランデーに漬け込みます。

本によるとケーキを作る1月以上前に作ると書いてあります。長く寝かせると味が良くなるそうなので、一度にたくさん作って、何年かに分けて使っています。

レーズンとドレンチェリーのラム酒漬けも10月の初めに仕込んでおきました。

オーブンで空焼きしたクルミもたっぷり入っています。

そうそう、砂糖を煮詰めてカラメルも作りました。

ね~、すごく手間がかかっているでしょう?このケーキは、半年でも、1年でも寝かせることができます。長く熟成させた方が、味がよくなるみたい339

。。。。でもね、私は実はそんなに好きじゃないの388ナツメグが利きすぎてるんだよね。今年は、シナモンに比べてナツメグの量を少なくしてみました。食べるのは1ヶ月後。。。。楽しみです352

私が参考にしているのは、料理研究家の山本玲子さんのレシピです340

クリスマスケーキ2 

スウィートハートのお菓子―心に響く、よりすぐりの正統派レシピ37 (講談社のお料理BOOK)スウィートハートのお菓子―心に響く、よりすぐりの正統派レシピ37 (講談社のお料理BOOK)
(1999/05)
山本 麗子

商品詳細を見る

ケーキが焼きあがったころ、買い物に出ていた夫がポインセチアを買ってきてくれました298や~ん、クリスマス気分が盛り上がっちゃう352

ポインセチア 

それならば。。。と、クローゼットからキャンドルも出してきて、飾りつけました。我が家のツリーはキャンドルです255

私はもともとキャンドルが大好きで、一年中、意味もなく、お部屋を暗くしてはキャンドルをともして、ロマンチックな気分に浸っています346

キャンドルは、352カメヤマ キャンドルハウス352のインターネット通販で購入しています。種類が豊富で、クリスマスキャンドルはとっても充実しています。

キャンドル 

わ~い429

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://murasakitokiiro.blog62.fc2.com/tb.php/117-5ca97fa4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。