上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法科大学院受験に必要な書類と言えば

  • 入学願書
  • 学部の成績証明書
  • 学部の卒業(見込み)証明書
  • 適性試験の成績表
  • 健康診断書
  • いわゆるエントリーシート(自己評価書みたいなもの)
  • 外国語能力を証明する書類(TOEICなど)

などですが、エントリーシートはなかなか気合が入ります。だって、成績以外で自分をアピールできるのは、ここ以外ないですもんね。ただ、大学側がどれくらい重要視しているかは、わかりませんが。。。

私の場合は、やはり、アメリカ留学や理系博士としての研究経験から、国際性・多様性を全面に打ち出しました。そして、弁護士の活躍の場として、大学や病院などをあげ、今後は紛争解決よりも紛争防止が重要な仕事である。。。みたいなことを書いたと思います。

日本の法科大学院って、結局はアメリカの真似ごとだから、本場を知ってま~す(ホントは知らないけど)って、書いてみました。大学側は、国際性・多様性ってフレーズに弱いみたいでしたよ。少なくとも、私が受験したころは。。。。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://murasakitokiiro.blog62.fc2.com/tb.php/18-9db6d939

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。