上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、お教室で習った刺しゅうを施したシルクのベビーシューズをご紹介しましたが(過去記事はこちら)、手編みベビーシューズの作り方も教えていただいたんです。

鉤針1本、しかも細編みと長編みの基本の編み方のみで出来るので、一度覚えてしまうと、簡単に作れてしまいますフリルもできちゃいますよ。

刺繍のベビーシューズは、細かい作業工程がいっぱいあるので、ハードルが高いですが、これならどなたでも挑戦できると思いますよ。

baby shose2 

お教室では、白のオーガニックコットンを使って作りました。おリボンも白です

去年の冬に習ったのですが、私ってば凝り性なので、去年の2月~3月は、いろいろなバリエーションで作っていました。う、ふ、ふ

黄色のコットンは、細くて、太さが一定でない糸だったのでやりにくかったなぁ。他二つは、ウールで編んだんですが、編みやすかったです~

私が大好きな、紫と黄色の毛糸このきれいな発色の糸は、表参道の手芸材料店「ラ・ドログリー」(www.ladroguerie.jp/)で買いました。リボンもそちらで揃えました

このお店は、フランスに本店があって、各種糸やビーズ、リボンなどを取り扱っていて、みんなとってもかわいいんです

お店に行くと、ついつい色々買いたくなって、無駄遣いしてしまうから、あまり行かないようにしています。。。。

手編みベビーシューズは、色の組み合わせや、リボンをどれにしようかな~って考えるのが楽しかった

でも、リボンって高いんですよね~。毛糸はちょっとしか使わないし、そんなに高くないので、このベビーシューズの材料費は、ほとんどリボン代ですね。。。。

baby shose 

並べてみると、お花みたいでかわい~

編み物や刺繍のように、チマチマした作業って好きかも気持ちが落ち着くよ

ソーイングレッスンの先生が提唱する「ソーイング・セラピー」そのものですね

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://murasakitokiiro.blog62.fc2.com/tb.php/196-5d43c604

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。