上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格試験の難易度って、合格率であらわされることが多いけど、本当にそうなのかな~って思うの289

極端なことを言うと、医師国家試験って合格率70%を超えているし、この前発表があったばかりの新司法試験でも、30%前後。もっとも、この二つは、大学(院)を卒業しないと、試験資格がないし、そのために学校で勉強しているわけですから、合格率が高いのも当然です283

それに比べて、受験資格に制限がないものは、合格率が低くなるのも、やむをえません。たとえば、私が受けた、「行政書士試験」と「社会保険労務士試験」、両方とも、年によって差はあれど、10%前後の合格率です。

ただし、受験資格がない行政書士試験に比べ、社会保険労務士試験は、たしか、短大卒以上だったと思います。実際に、社会保険労務士試験の方が、ずっと難しかったと思う390

大体の資格試験は、定員制ではなくて(一部合格者の人数を制限するものもありますが。。。)、基準点以上を取れば合格なので、受験資格がなく、合格率が低いってことは、勉強しないで受ける人も多いってことだと思うのです398

だから、合格率が低くたって、きちんと勉強すれば、合格できるのさ315

。。。でも、今私が勉強している弁理士試験は、合格率は毎年5%前後。。。だれでも受けられる試験だけど、難易度上です。マイナーな試験だからね。

弁理士って便利屋って思っている人もいるらしいからさ~。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://murasakitokiiro.blog62.fc2.com/tb.php/47-b4f33e76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。