上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ヶ月くらいサボっていたパン作りを最近再開したのですが、
パン作りって奥が深いわ~っとしみじみと思うのです。。。。


その日の気温や湿度によって、お粉の吸水量が違うためか、
毎回同じ計量でやると生地のまとまり方が変わっちゃうのよね~


まだパン作りの勘が戻っていないのか、やってみて
「あ!そうだった!」と思うことが多い今日この頃です。。。



noix201208-1.jpg


今回作ったのは胡桃とレーズンがたっぷりとはいったライ麦パン

特に失敗なく出来て、ほっとしました

このパンは別に手が込んでいるわけではないのですが、お友達におすそ分けすると
「わぁ~すごい!」って喜んでもらえる優等生のパンなのです


注意することは、ただ一つ!
具材を均等に生地に混ぜ込むこと!だけです。


なぜかって言うと、発酵が終わって分割するときに
具材が不均等に分布していると、同じ重さにしても
大きさがまちまちになったり、具がたくさんあるパンと
さみし~パンが出来て、焼き上がりにも差が出ちゃうのです~。


noix201208-2.jpg


こういうハード系のパンって、焼き上がりはパリッとしていますが、
時間がたつとシナッとなっちゃうのよね~


天然酵母だとパリッとなるって聞くけれど、時間がかかるしなぁ~。。。。
でも、そろそろ挑戦してみようかな~。


最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
↓ポチッと、押していただけるとうれしいです~(^o^)




にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://murasakitokiiro.blog62.fc2.com/tb.php/833-35e6926d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。